【メイちゃんの家~!】Giantess Cafe~巨大娘のいるカフェ~

仮想現実世界【セカンドライフ】に存在するGiantess(GTS)Cafeのお店用ブログです。身長13m超の店員が接客します。

C4dGXoDVUAI99ON[1]

さぼり常習犯な店長です↑

↓周囲も、、まあ、閑散とはしていますけどねーw



↓たまにみえるお客様w



夜になると、ボランティア店員のサービスも、、(フィクションです)





ほら、最近のセカンドライフのアバターは指も動くんですよ
(注目すべきなのはそこね!)↓



--------------------------------------------------------------------







---------------------------------------------------------------------

特殊な趣味をお持ちの方はこのような遊びもご用意しております↓


謹賀新年

C0nZitOUUAA6KwJ




本年も、「メイちゃんの家」をご愛顧の程
よろしく、お願いいたします





-----------------------------------------------


今年もあっという間に年末ですねー

少し早いですが、クリスマスツリーをお店に出してみました

Snapshot_15728

去年と同じですけど、、、ww
星のパーティクルが降るお気に入りのツリーです

Snapshot_15725

色やタイプも変えられますよー

Snapshot_15726

サイズは、10mちょっとで小さめwwですけど、、

Snapshot_15732

お客様の席から見るとなかなかのものでしょww

ぜひお越しくださいねー

------------------------------------------------------
仮想現実世界セカンドライフ『メイちゃんの家~!』は>こちらから
------------------------------------------------------






今年もお店の飾りつけは特にしていませんが、
羽根と魔女ハットだけ付けてみましたよww

jpg large

ただ、お昼だと、、、、

jpg large

ちょっと合わないコスチュームですねーww

jpg large

ところで、、、、

jpg large



お店の近所に、こんなのも置いてある場所がww

jpg large

ハロウィンとは関係ないようですけどねーww

jpg large

-------------------------------------------------------




海外のロックバンドの演奏を
うちのカフェでやろう!、、、というわけで、、、
会場の設営を開始!!
jpg large

いつもの常連さん(アメリカ人)がベースフレームを作ってくれました

Snapshot_15570

実際に公演するチームメンバーと立ち位置など相談

jpg large

ブラジル人とイギリス人の混成バンド、、、
仕切っている人が突然入口側に舞台を作り始め、、

jpg large

夕日を背景にした方が良いという私(日本人w)の意見を聞いてもらうのにも一苦労

Snapshot_15561

時差が12時間あるので作業は2交代制ww
こびとのお客さん用のステージも設置し、なんとかまとまりました



そんなこんなで、、、
2016年8月12日日本時間22:00(ブラジル時間10:00)


イベント、スタートです!!jpg large

全曲、ボーカルの巨娘さん(↑中央)の生歌です!

jpg large

ボーカルとギターの巨娘はブラジル人ですが、ポルトガル語ではなく
英語の曲中心のナンバーでした

jpg large

ドラムの女性は普通サイズで、こちらはイギリス人

jpg large

ボーカル以外は、生演奏しているわけではないですが、、、

jpg large

ダンスと光のエフェクトを操作して盛り上げてくれます

jpg large

巨大娘な、お客様たちも大集合

jpg large

国内外から、こびとのお客様も大勢来ていただきました

jpg large

時差があるので、アメリカのお客様は遅れて最後の方だけでしたが、
ブラジル、イギリス、日本の合同イベントって、、

jpg large

考えてみると、すごいことですよねー


こんなことが、仮想現実世界『セカンドライフ』ではできちゃうんですよ


----------------------------------------------------------------



↑このページのトップヘ